6月21日~6月29日まで、出張でフランスに行ってまいりました。その旅行メモをポツポツと書いてみるとします。

前回のアリゾナに引き続き、今回もジュエリーなどの石の買い付けに同行させていただく事に!前回の買い付けで、すっかり鉱物学的に石を観察することにハマり、鉱物図鑑や天然石の本を眺めてはニヤニヤしたり、その筋の方々に徐々に近づきつつあったわたくし。今回もハードスケジュールは覚悟しつつも、ウキウキワクワクで出発しました。

今回の飛行機はKLM。私が太ったのか、もともとそういう作りなのか、エコノミー席が他の航空会社の飛行機よりもなぜか異常に狭く感じるのと、乗務員の方々がやたらとベテランぞろいというか古参ぞろいというか、平たく言うと全然若い人がいないというのが若干不可思議な感じではありましたが、前回出張の時に乗った、地獄のユナイテッド航空に比べると、どこを取っても合格点でした。ご飯もまぁまぁおいしかったです。少ないけど!足りないけど!まぁ、そこはサンドイッチやらおかしやらを買い込んで、それらをバクバク食べていれば問題なしです。

で、まずはアムステルダム経由でストラスブールに入りました。初ストラスブール!今まで「老後は、おフランスで過ごしたいわぁ~そうね、パリあたりで~オホホホホ!」とひそかに思っておりましたが、今回行ってみて、人の優しさや気さくさ、都会の便利さと郊外ならではののどかさの絶妙なバランスなどなどに魅了されまくり、「やっぱり老後はストラスブールかも!オホホホホ!」と思うほど、気に入ってしまいました。

人々がのんびりしていて、ギスギスしていないし、気取りがないのに、でもみんなどことなく洒落ていて。まず、駅からしてオシャレだしね。運河もステキだしね。街角で演奏している人もいっぱいいて、哀愁漂うメロディーを奏でているのだけど、辛気臭くないしね。いやいや~、ステキだねぇ、ストラスブール。惚れた!

ラッキーな事に、着いた日は毎年夏至の日あたりにフランス中で開催されるという「Fête de la Musique」の真っ最中で、ストラスブールでも、大きなメインステージから、街角のミニステージ、道端などなど至る所でライブが行われていました。音楽的には、むむむむむ・・・?な感じの、白竜か、はたまた桑名正博か、というようなブルースやら、いつの時代だよ!走り屋かよ!と突っ込みたくなる感じのユーロビートなど、微妙なところも多々ありましたが、雰囲気はとっ~ても楽しかったです。


今回泊まったホテルのすぐそばには美しいカテドラルがあって、吸い込まれるようにその建物に入ってしまいました。誰でも出入り自由な建物の中に入ると、とっても荘厳な雰囲気と、ピーンと張り詰めた空気に、普段、宗教や宗派をまったく意識したことのない私でも身の引き締まる思いというか、心地よい緊張感を感じました。

ステンドグラスに光が集まって、とっても美しい。きらびやか。心地よい。・・・あぁ、眠くなる。このまま横になって、小1時間くらい昼寝を決め込みたいと不謹慎な思いもよぎりつつ、上の写真にいらっしゃる素敵なトリオの像に「ソンナ トコロデ ネチャ ダメデスヨ~」と言われている気がして、ふと我に返るわたくし。そんなわけで、外に出て徘徊を再開。(←ラップ調)

そんな素敵な町ストラスブールは、おもちゃ屋さんのディスプレイも一味違います。


どどーん。ガビーン。うん、これはどうかと思うよ・・・。

明日から


明日から出張ざんす。向かうのは、フランスの山の中。たいそう田舎なのか、そうでもないのか、寒いのか、暑いのか、イマイチ把握できておりませんが、間違っても丹下段平のTシャツなんかで行かないように、オシャレなふりしてがんばります。朝5時に起きられるかどうか、今から心配でソワソワです。ちなみに、未だに何も準備をしていないわたくし。

ウーたんと1週間以上離れるのがツラい。そして、「名前をなくした女神」の最終回が1週間以上おあずけになるのが非常に気がかり。あのラスボスはどうなるのか・・・。

何にせよ、なかなか経験できないありがたい機会なので、楽しんでお仕事してきますです。

写真は、狭い隙間を無理やり通るのが大好きなウーたん。あぁ、かわいい!!

明日はライブなのですよ


実は明日、私が所属しております「mysteron」が、ライブをするんです。10分ちょっとのミニライブなのですけど。3曲くらいなのですけど。でも、新曲もやるし、あのカバー曲もやる予定です。でも短いです、演奏時間。でも、最近はお店での演奏が多くて、いわゆるライブハウスで演奏するのがものすごく久しぶりなので、けっこうウキウキです。わ~い。

先日、4時間スタジオにこもってモリモリ練習する予定だったのですが、勝手知ったる仲間達なので、想定外に早く演奏がまとまり、余った時間は田原俊彦のものまねで消化しました。なので、明日はトシちゃん的なビッグな感じでがんばります。

そんなわけで、ヨロシク!HA!

■「サクライブ 2011」
日時:6月11日(土)  17時開場、私達は19時30分過ぎから演奏します。
場所:渋谷 乙(kinoto)
FEE:1,000円(ドリンク別) ※学生割引あり


先週の土曜日、以前個展をさせていただいた燕STUDIOの試食会に参加させていただきました!

詳細はココに書いてありますが、イタリアンと和の融合!新しく美しい料理!フードエンターテイメント!・・・なんて、言葉では表現しきれない、満足感と新鮮な驚きを感じさせてくれる試食会でした。

なかでも、ひじきのラビオリは絶品だったなぁ。ひじきが練りこんである生パスタに、リコッタチーズやサーモンが入っていて、テンションが上がりまくりました。目からうろこの、スプーンで一口の天ぷらそばも良かったし、不思議な洋風アレンジの鴨南蛮もすばらしかった!お手ごろ価格の試食会だとわかっているのに、心の中では常に「山田く~ん!座布団、いや、おかわり持ってきて~!」でした。

来ていたお客様達も陽気で楽しい人ばっかりで、愉快だったなぁ~。2階のヨガスタジオで、ほろ酔いの中体験したヨガ?仮眠?も気持ち良かった。外国の方々にも新鮮な体験だった模様。

この「Bishoku de Pazz」は、今後も定期的にやるようなので、みなさんもぜひ~。

【この日の素敵メニュー】
★Waiting 
食べるカクテル2種

★Introduction
ゴルゴンゾーラ風味のマシュメロン
海のハモンセラーノ
空豆豆腐
葛餅
マグマ弾
天ぷらそば

★Verse α
アフロディーテの夢(ヒジキのラビオリ)

★Intermezzo
ボンゴレロッソのサラダ

★Verse β
マグロキューブのたたき
鴨南蛮のピンチョス

★Settimocielo
フルーツポンチ "祭り"
ポスト・ティラミス

【燕STUDIO】
WEB/http://www.yogaroom.jp/tsubame/
住所/新宿区市谷本村町2-33

自然に還る


天気が良いと、やたらと景色が良いところに行きたくなる今日この頃。ちょっと時間ができると、サイクリングに繰り出したり、公園に行ってみたり、山に登ってみたり。何を目指しているのだ、俺。

地震の後、「これからは自転車の時代だぜ!」と意気込み、調子に乗ってロードタイプの自転車を買ったので、とりあえず多摩川まで行ってみることに。しかし、後半はお尻が痛すぎてほぼ記憶が無い・・・。あまりにつらすぎて、自転車を置いて電車で帰ってやろうかとも思いましたが、それではあんまりなのでがんばってみました。失神しそうでした。

というわけで、「やっぱり自転車じゃなくて、自分の足で大地を踏みしめるぜ!」と意気込み、今度は高尾山へ。尋常ではない人の多さに度肝を抜かれましたが、やっぱり山はいいですなぁ。下山した私を待ち構えていたのは、八王子のローカルヒーロー「ゲンキダーJ」!イカスね!!八王子の歌に合わせて子供たちと共に踊りまくっていたのがシュールでした。

そして、最終的には「やっぱりお弁当は必須アイテムだぜ!」と意気込み、食べる気というか、飲む気満々のラインナップをそろえて公園へ。自然の中で食べる肉やら米やらビールやらワインやらはいいですなぁ。

「寒くもなく、暑すぎず」のこの時期は、なるべく自然に触れたいなぁと思う今日この頃。でも、普段は完璧なインドア派なので、いつまで続くやら~。

このページの上部へ