音楽メモ 一覧

三大ピアノ協奏曲の響宴

120326.jpg

清水和音さま。ラフマニノフのピアノ協奏曲全4曲を1日でまとめて演奏してみたり(←すばらしいコンサートだった!)、2年間かけてベートーヴェンのピアノソナタ全32曲を演奏してみたり、ヤマハの新作ピアノの完成度の高さを伝えるためだけに、5日間連続でヤマハのCFXというグランドピアノを使って毎日違うプログラムで演奏してみたり、毎回無茶苦茶な面白企画で楽しませてくれる和音さま。

若かりし頃は「王子」などと呼ばれ、なかなかのハンサムだったようですが、今ではすっかり「老けた彦摩呂」もしくは「ヤングな大和田伸也」といった風貌の和音さま。

で、今回も珍妙企画。「三大ピアノ協奏曲の響宴」と題し、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をまとめていっぺんにやっちまおう!というコンサート。

聴く側はとってもワクワク、お得度満載のコンサートですが、普通こんなめちゃくちゃなプログラムは組まないと思うのですが・・・。心身の強靭さがハンパじゃないと思われる、あの中村紘子センセイですら、協奏曲2曲を演奏した後は、アンコールを断ってすぐにお帰りになられたというのに・・・。体育会系なのか、はたまたドMなのか、和音さま。

3曲ともすばらしい演奏でしたが、やはりチャイコフスキーとラフマニノフは本当に鳥肌ものでした。この方の演奏は、繊細な部分とダイナミックな部分の振れ幅がとてつもなく大きく、テクニックはもちろんのこと、その豊かすぎる表現力には毎回本当に感激させられます。

楽章間に客席にガンを飛ばしまくったり、緊張感あふれまくる間合いを取ったり、速弾きの際に、ふくよかな頬の肉がプルプルと震えまくっていたり、何から何まで「持っている男」は違うぜ・・・と思わされっぱなしの3時間弱。梅田俊明さんの指揮と東京フィルハーモニー交響楽団の演奏も、エモーショナルでとても良かったです。

で、3曲も協奏曲を引き倒した後で、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」をアンコールで演奏。これがまた、顔に似合わず、いや失礼、本当に美しく、とてつもなく繊細な演奏で、心が洗われるようでした。メインディッシュを3品完食し、胃もたれ寸前の胃腸にしみわたる1杯のハーブティーという感じでしょうか。って、わかりづらい表現!彦摩呂、ヘルプ~!

終わった後、360度の客席に向かって何度も何度もお辞儀をし、笑顔でステージを後にした和音さま。その姿は、一瞬、かつての「王子」の片鱗を垣間見た!と勘違いしてしまうほどの、かっこ良さでした。まぁ、ほんの一瞬思っただけなんですけどね。

何はともあれ、本当にすばらしい演奏でした。ありがとう、和音さま。また聴きに行くよ!


7月26日、ブーニン、中村紘子、山下洋輔という超強力個性派ピアニストが一堂に会してコンサートをする!というわけで、サントリーホールに行ってまいりました。このコンサートは、震災孤児チャリティーコンサートという事で、日本側がブーニンをゲストで呼んだのかと思いきや、何と主催者はブーニンで、中村紘子と山下洋輔がブーニンに頼まれてゲストで出演しているというから、こりゃまたすっかりたまげました。

コンサートが始まる前にブーニンから、「日本を復興する少しでも手助けがしたい、自分は日本が本当に大好きなんです!」という挨拶があり、紘子さんや山下洋輔も出てきて、「とにかく楽しい熱いコンサートにしたい!」とメッセージがあり、それぞれの思いが言葉として観客に伝えられ、普通のコンサートとはまた違うスタートを切ったのでした。

まず始めの演奏は、主催者ブーニン。次に続く2人に花を持たせようという心意気なのか、いつものブーニンらしい手に汗握る緊張感、表現力、演奏力という感じではなく、子供たちにも楽しめるような穏やかで優しい演奏でした。それはそれですごく良かったのですが、個人的には、やっぱりブーニンはドラマチックな演奏をしている方が好きだなぁ。

その昔、19歳のブーニンが弾くショパンを初めて聴いた時は、子供ながらに大感動し、それと同時にどう見ても40歳くらいにしか見えないブーニンの風貌とおじさんメガネのデザインにも度肝を抜かれたものでした。まぁ、今もビジュアルはその時とほぼ変わっていませんが。やっと実年齢が追いついたか・・・。でも、情緒的な演奏はやっぱり健在で、賛否両論ありますが、私はブーニンの演奏が大好きです。

さてさて2人目は中村紘子さま。出てくるだけで貫録というかオーラというか妖気というか、すごいです。顔を見ると何もしてなくても、つい「す、す、すいません!」と謝りたくなります。大物ってこういう人を言うんだろうなぁ。

あ、今の今まで忘れていたのですが、そういえばこの日の指揮がひどかったんです。あんまりこういう事は書かない主義なのですが、あまりにあまりにひどすぎてステージに降りて行って注意をしたいくらい、指揮がひどかったんです。やる気ゼロ。何の感情もなく指揮棒をただ縦横に振るだけ。いかんだろ、それは!交通整理じゃあるまいし!!

・・・と、怒りのあまり毛が抜け落ちそうになる私でしたが、そこはさすが紘子さま。指揮者の事は思いっきり無視し、ピアノを弾きながら完全に体をオケの方に向け、楽団員にガンを飛ばしながら気迫の演奏。オケが気の抜けた演奏なぞしようものなら、後でハイヒールで殴りつけにいきそうな勢いです。いやたぶん、行くでしょう。そんなわけで、ブーニンの時と同じ指揮者、同じオケなのに、紘子さまの気迫と鬼の形相により、見違えるような演奏になっていて、「わぁ、これぞライブだなぁ!」と感動してしまいました。

紘子さまはベテランなだけに色々と言われたりしていますが、いつ観ても思うのは、この方の観客に対しての「絶対にすごい演奏を聴かせてやる!あなたたち、ただでは帰らせないわよ!」という気迫と気合いって半端じゃないなぁということ。「1クールのレギュラーより1回の伝説」。ピアニスト界のエガちゃんですね。そういうのを、「重鎮」という立場にいながらも、ずっとやっているってすばらしいと思います。

そして3番目は山下洋輔。「あんたがたどこさ」をモチーフに、自身で作曲したという「仙波山」を、上記の指揮者とオケと共演。ここまでアバンギャルドな曲になると、もはや気の抜けた指揮者の有無なぞ関係なく、オケも必死に演奏するので、洋輔さんとオケとのいい感じのせめぎ合いが観られてとっても楽しい演奏でした。

いやぁ、それにしても・・・ピアノ上手すぎ!!こんな事書くのも失礼な話ですが、あまりの技術力の高さに、開いた口がふさがらず、ショパンやラフマニノフもびっくりの技巧的な楽曲を、ニコニコと楽しそうに優雅に弾くお姿が、あまりにまぶしかったです。白のタキシードもまぶしかったです。イカす。

そして最後は、ブーニンと紘子さまの連弾。モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」です。今回は2楽章の演奏でしたが、1楽章は「のだめカンタービレ」で、のだめと千秋先輩が連弾していたあの曲です。のだめと千秋先輩が、ブーニンと紘子先輩にチェンジ・・・。ゾゾゾ・・・・・・。

いや、そんな事はどうでも良いのですが、演奏を始める前にブーニンから曲の説明があり、
「今回僕は初めて第2ピアノを担当し、紘子先生の伴奏をさせていただくことになりました。」
というと、すかさず紘子さまが、
「あら、あなた、第2ピアノは伴奏なんかじゃなくってよ。第2の方が難しいんでございますわよ。」
とピシャリ。それを受けブーニンが弱々しく
「激励のお言葉、どうもありがとうございました・・・」
と言って演奏を始めたのがあまりに印象的でした。恐るべき縦社会・・・。演奏は、普通に良かったです。

そんなわけで、普段まとめて聴ける機会はまずないであろう超個性派、超大物の3人の演奏、三者三様で本当にすばらしく、3人合わせればピアノだけで国1つくらい滅ぼせるんじゃないか・・・というくらい、ものすごいパワーがありました。いや~、いいもの見せていただきました!

■ プログラム ■

1: モーツァルト ピアノ協奏曲 第23番 イ長調 K.488 演奏:S.ブーニン
2: グリーグ ピアノ協奏曲 イ短調 作品16 演奏:中村 紘子
3: 山下 洋輔 ピアノ協奏曲「仙波山」 演奏:山下 洋輔
4:モーツァルト 2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448 演奏:中村 紘子 & S.ブーニン

明日はライブなのですよ


実は明日、私が所属しております「mysteron」が、ライブをするんです。10分ちょっとのミニライブなのですけど。3曲くらいなのですけど。でも、新曲もやるし、あのカバー曲もやる予定です。でも短いです、演奏時間。でも、最近はお店での演奏が多くて、いわゆるライブハウスで演奏するのがものすごく久しぶりなので、けっこうウキウキです。わ~い。

先日、4時間スタジオにこもってモリモリ練習する予定だったのですが、勝手知ったる仲間達なので、想定外に早く演奏がまとまり、余った時間は田原俊彦のものまねで消化しました。なので、明日はトシちゃん的なビッグな感じでがんばります。

そんなわけで、ヨロシク!HA!

■「サクライブ 2011」
日時:6月11日(土)  17時開場、私達は19時30分過ぎから演奏します。
場所:渋谷 乙(kinoto)
FEE:1,000円(ドリンク別) ※学生割引あり


土曜日の夜、クロージングパーティーとミニライブをさせていただきました。こういうご時世なので、あまり積極的にお誘いをしないでいたのですが、想像以上にたくさんの方に来ていただいて、何だか本当に感激しました!物理的に来る事が難しくなってしまった友達からも、ライブ前にメッセージををもらったりして、すごく嬉しかったなぁ。みなさま本当にありがとう!!

ライブをする事が無くなってから、それぞれの友達と個別に会うことはあっても、自分とつながってくれている様々な人が、同じ空間にみんな一緒にいるというのがとても久しぶりの経験で、みんながニコニコ笑いながら飲んだり食べたりしているのを見ていると、より一層ありがたみを感じてしまいました。

ライブは、アレンジや演奏をまだまだ練る余地があるけれど、新しいアイデアや試みがたくさん形にできて、何だかワクワクしました。そして何より、バンド演奏って愉快!しかも、自分が描いた珍妙なイラスト達の前で演奏できるなんて、これまた愉快!これからもっと面白くなりそうです。

そして!3月1日から開催させていただいている個展も、残すところあと3日。私は最終日の31日、19時頃から在廊いたします。みなさまにお会いできるのを、心から楽しみにしております!

-------------------------------------------------------------------------------------------
■■■ シノ・ナカムラ作品展 「春場所」 ■■■

期間:2011年3月1日(火)~3月31日(木)
場所:アートスナック 番狂せ
WEB/http://bankuruwase.net/
地図/http://bankuruwase.net/map.html
住所/新宿区荒木町3番地 ソシアルアラキビル1階
電話/090-9826-1138
営業時間/月~金 : 18時~26時  (26日以外の土曜、日曜、祝日休業)

●飲食店での展示となりますので、ワンオーダーお願いいたします。
●シノ・ナカムラ在廊日:毎週木曜日
 (変更の場合もございます。詳細はtwitter にてご確認ください。)
-------------------------------------------------------------------------------------------

26日、ライブをします。


3月1日から開催させていただいている、四谷三丁目「番狂せ」での個展も、残すところあと少しとなりました。この間、たくさんの方々にイラストを観ていただき、お話させていただき、とても素敵な経験をさせていただきました。

その反面、あの日以降、昨日まで当たり前のようにできていた事ができなくなってしまったり、当たり前のようにおしゃべりしていた人と何日も連絡が取れなくなってしまったり、自分ができる事の少なさを思い知った日々でもありました。

無理をする必要は全然ないけれど、体がまだまだ元気な私たちは、なるべく日常生活をきちんと送り、どんどん動いていかないとと思い、節電は当然しつつですが、仕事や飲食もできる限り普段通りにしています。というわけで、26日に予定しておりました、個展のクロージングパーティー&ミニライブも、予定通り開催させていただきます!

なんと私、2年ぶりのライブです。。。緊張・・・するかな?でも、とっても楽しみです。そして、今までのオリジナル曲はすべて私が作詞をしてきたのですが、今回はすべて、作曲&ギターのセ機さんが作詞もしました。私にはとても書けないような、くだらない、イヤ、個性的かつリズミカルな詞を書いてくれました。なので、楽曲も今までになくポップ?明るい?楽しい?跳ねている?よくわかりませんが、とても愉快です。

会費は2000円なのですが、なんとおいしいお料理が食べ放題!ドリンクも1杯つき!私、かなりの数のメニューを食べさせていただきましたが、どれもほんとにおいしいです!ちなみにライブチャージは投げ銭制ですので、その時のご気分で!多い分には大歓迎です(笑)。

写真2枚目は、キャビネットの上から、急遽フローリングの上にお引越しさせられたウーたん。地震の後、3日間はほとんど動かず、元気もあまりなく心配しましたが、今ではすっかり元気。陽気に立ち上がったり、スイスイ気持ち良さそうに泳いだりしています。たくましくて、いつも明るいウーたんを観ていると、とっても和みます。

というわけで、26日にみなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

-------------------------------------------------------------------------------------------
■■■ シノ・ナカムラ作品展 「春場所」 ■■■

期間:2011年3月1日(火)~3月31日(木)
場所:アートスナック 番狂せ
WEB/http://bankuruwase.net/
地図/http://bankuruwase.net/map.html
住所/新宿区荒木町3番地 ソシアルアラキビル1階
電話/090-9826-1138
営業時間/月~金 : 18時~26時  (26日以外の土曜、日曜、祝日休業)

●飲食店での展示となりますので、ワンオーダーお願いいたします。
●シノ・ナカムラ在廊日:毎週木曜日
 (変更の場合もございます。詳細はtwitter にてご確認ください。)
-------------------------------------------------------------------------------------------
 クロージングパーティー+ライブ  3月26日(土)19時~ 

当日、19時30分から、シノ・ナカムラがボーカルを担当するバンド「mysteron」のライブを
行います。なんと、約2年ぶりのライブ!どうぞお楽しみに。

●会費:2000円(フリーフード+ワンドリンク / 追加ドリンク500円~)
●ライブチャージ:投げ銭制
-------------------------------------------------------------------------------------------

このページの上部へ