ロンドン1日目


2度寝から目覚めたのは2時間後。今度こそ本気でテトリスに取り組み、何とかかんとかスーツケースに収納完了!ルズィニエ国際空港へ向かいます。そして、あえなく重量オーバーの宣告を受け、40ポンドを支払うことに。まだこれからロンドンでも買い物をするかもしれないというのに、どうするんでしょうねぇ、私。

まぁ、そういう先のことは考えない事にしよう!というわけで、2時間の空路を経てロンドンへ到着。朝から何も食べておらず、かなりの空腹だったので、到着ゲートを出てすぐに目の前にあったクリスピー・クリーム・ドーナツを衝動買い。そしてモグモグ。こういう世界規模のチェーン店のものですら、日本の方が全然おいしく感じるのは、私の先入観なのか、はたまた英国マジックなのか。

というわけで、何はともあれホテルへ。そして、すぐさま街に繰り出してみちゃったりして。7年くらい前に来た時は、ミレニアム記念事業で街がすっかり様変わりし、オリンピックの開催候補地だったからか、やたらと工事が始まったばかりの建物が多く、新旧の建物があまりうまく調和していない感じで、何だかなぁ~と思ったりしてしまったのですが、今回は建物の工事ラッシュは落ち着いたのか(道路はいたる所で工事をしていましたが)、ロンドンらしい景観がきちんと観られて良かったです。


ロンドン特集の雑誌やガイドブックには「もうまずいとは言わせない!」「ロンドンの味覚は変わった!!」などという見出しがよく見られるようになってきたので、ほんのり期待をしちゃった私ですが、やっぱりいたる所で「?」マークを私の頭に浮かばせまくる、珍料理っぷりは健全でした。イエイ!

とりあえず、今夜はイギリス料理はパス!というわけで、夕食はカレーを食べに行ったのですが、やっぱり何かがおかしい。チキンカレーはまぁまぁおいしかったのですが、ケバブの肉が堅い。堅すぎる。半端じゃないスジ張り感。わらじをナイフで切っているような錯覚を覚えつつ、エスニックな味に飢えてたからまぁいいか!と、無理やり結論づけてホテルへ帰る。明日はおいしいもの食べられるといいなぁ!

Track Back

Track Back URL

このページの上部へ