フランスレポート 【食べ物編】


さてさて、今回もやたらと食べました!毎日、重労働だったからね、しかたないよね、うん。一緒に出張に行ったKさんも、私と同じくかなりの肉食。というわけで、肉率高し!日々、ここに載せきれない程の肉祭り。おかげ様で、2人とも帰国後仲良く2キロ増。ありがとうございます。

おいしさはというと、まぁおいしい。感動するほどおいしいというわけではなく、まぁおいしい。でも、お腹ペコペコで食べると、やっぱりおいしい。そして、見た目のボリューム感が、いやがうえにもテンションを上げる。というわけで、肉バンザイ!


続いては、お肉以外でおいしかったもの。今回の旅で1番おいしかったのは、写真1枚目のアルザス風ピザ!あまりにおいしくて、2回も食べに行きました。薄~いパリパリのピザ生地に、ちょっぴりクセのあるチーズ、塩気のあるスモーク感強めのベーコン、ホクホクのジャガイモ、柔らかくて薄切りのオニオン。絶妙の組み合わせだね。全員キャラが立ってるね。こりゃ参ったね。かなり大きめのピザでしたが、2回とも5分くらいで完食した気がします。ほんとにおいしかった!日本でも売ってほしい!

2枚目のサーモンと3枚目のフォアグラもすごくおいしかったはずで、写真を選んでいる時は詳細を書く気満々だったのですが、今ピザの事を書いていたら、すべて記憶が飛びましたです。それくらいピザは絶品でした!


最後はデザート。今回は、デザートに呪われた旅でした。山の中のホテルで近くにレストランなどもなく、毎日ホテルの夕食を食べていたのですが、どんなにおいしい前菜、メインが出てきても、最後のデザートで必ずテンションを下げられる日々。どうやってもまずくなりようがないようなシフォンケーキですら、わけのわからないジャムをトッピングしてみたり、シンプルなアイスかと思いきや、その上に「これは消毒用ですか?」と思わず質問したくなるような珍妙な香りのアルコールを大量にぶちまけてみたり。日々、トンチのきいたデザートをありがとうございます。

そんな中、おいしかったのはこの2つ。どちらもシンプルで素朴なお味ね~。デザートはシンプルでいいのね~。

そんなわけで、今回の出張も愉快痛快でした。そしてよく食べた!次回は1キロ増くらいに抑えたい所存でございます。

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

おお!肉食女子!
実は高齢と共に肉の量が減りました。
とはいえいつか牛蔵も行きましょう!
17時〜21時までは予約で半年先まで取れないそうですが、
平日の21時以降だと比較的入れるそうです。(噂)
ズバットの件も含め改めて連絡します。

ぷう。さま
イエイ!肉食女子!わたくしは、肉の量も食欲もちっとも減りませんです。。。
牛蔵行きたいですです!!ものすごい人気ですね~。でも餃子も食べまくりたい!
ズバットはいつでもどうぞ~!

このページの上部へ