2010年5月のエントリー 一覧

新しい家族ちゃん


ちょうど1ヶ月前、GWの初日にこの子がうちにやって来ました。ウーパールーパーのウパ子ちゃん。突然、プレゼント(?)していただいたので、水槽も何も用意が無い状態で、小さなプラケースに入ったこの子を満員電車に乗せ、なるべく振動を与えないように、駅から家まで能楽師並みのすり足で歩いて連れて帰りました。

まず何を用意したら良いのやらさっぱりわからないまま、ネットで調べまくり、45センチの水槽、エアレーション、フィルター、冷却ファン、エサなど一通りを買ったのは良いのですが、タイミング悪くGWだったので、発送まで10日くらいかかりますというお店が多数。でも、でも、15センチくらいのプラケースに10日間も入れておくわけにはいかない!と、「送料を2倍出すから、今すぐ送ってください!!」などと電話で頼み込んでみたところ(←かなり迷惑な客ですね・・・)、親切なお店の方が「特別に・・・」と言いながら3日後に送ってくださいました。

ところが、どうやら水槽が届いたからといってすぐにウパ子を入れてはいけないらしい!バクテリアのいる飼育水ができあがるまで1~2週間水を放置しなければいけないらしい!と、無知な私は初めてそこで知ったのでした・・・。結局、市販のバクテリアなどを入れて2日間放置後、ウパ子を水槽へ。

水槽に入れてからの数日間は、水温や水質に慣れなかったらどうしよう・・・ご飯ちゃんと食べてくれるかな・・・ウ○チをちゃんとしてくれるかな・・・と、外出中も睡眠中もウパ子の事が気になって気になって、気が気じゃなかったのですが、日々元気に泳ぎまくり、いっぱい食べて楽しそうなウパ子を見て、最近はやっと安心して眠れるようになりました。かわいすぎる!!

そんなこんなで、この1ヶ月で体調も5センチ強から9センチ強まで大きくなりました。かわいすぎる!!というか、誇張抜きで1日に50回以上は「かわいい!!」と言っている気がします、わたくし。ザ・過保護です。水替えもご飯も排泄も、全部手帳につけて、まるで育児手帳です。おいおい・・・。今も横でスイスイ泳いでおります。う~ん、やっぱりかわいすぎる!!


最近行った展覧会3つ。ジャンルがあまりにバラバラですが、どれも楽しかった。

最終日にかけつけたのは、「ゴーゴー・ミッフィー展」。描いている絵はあんな感じな私ですが、幼少時はやっぱり「うさこちゃん」で育ったのです。キティちゃんやミッキーには、昔からあまり興味の無い私ですが、うさこは別!今でも大好きです。

ミッフィーを始めとするディック・ブルーナさんの作品は、イラストのかわいらしさはもちろん、色合いもとっても素敵。なるほど、ブルーナさんが使っている赤、黄、青、緑、茶色、グレーは「ブルーナ・カラー」と言われていて、それに白を加えた7色だけで、絵本は描かれているのだから、その6色がいかに吟味されて選ばれたものなのかが伺い知れます。

そんなわけで、グッズを買いまくり。5,000円くらい使ってしまった・・・。いいのです、かわいいから!

次に、これまた最終日にかけつけたのが「ジョン・ルーリー展」。ラウンジ・リザーズのサックスとして、ジム・ジャームッシュ監督作品の常連俳優としても有名な(ゆ、有名だよね・・・?)、あのジョン・ルーリーです。初期ラウンジ・リザーズは大好きですし、WEBで何点か観た絵もとても良かったので、ものすごくワクワクしながら行ってきました。

感想としては、すごく好きな絵も何点かありましたが、そうでもない絵もありました。私にはちょっと観念的すぎてね。でも、あくまでも好みなのでね。会場で流れていたラウンジ・リザーズのライブ映像は、めちゃくちゃかっこ良かったです。家に帰ってからもいっぱい聴きました。イカす!イェイ!

そして「ルーシー・リー展」。「キル・ビル」で、「ヤッチマイナ!」と叫んでいたあのルーシー・リューではないですよ。陶芸家のルーシー・リーさんです。新宿駅のポスターでピンクの器の写真を見かけて一目ぼれ。絶対に生で観てみたい!と思って行ってきました。陶芸展にはほとんど行った事のない私ですが、見ごたえ十分、本当にすばらしい展覧会で楽しかった!

既成概念にとらわれず、でも変に奇をてらったことをするわけではなく、個性的なのに普遍的、彼女のものづくりの姿勢がとっても素敵でした。器はもちろん、陶器のボタンの展示もすばらしかったです。「ルーシー・リー展」はまだ開催中なので、ぜひ!

----------------------------------------------------------------------------
■ 「ルーシー・リー展」

期間:2010年4月28日(水)~6月21日(月)
場所:国立新美術館
WEB/http://www.lucie-rie.jp/
----------------------------------------------------------------------------

iPadで遊んでみた!


iPadを触らせてもらった~!KXさんが、早くもiPadを持っている!という事で、ランチがてら私も遊ばせていただく事に。メディアで目にした時は、「iPhoneが大きくなっただけでしょ~?本だって、紙で読んでこそ本でしょ!」と、絶対に買いません派だったのですが、いざ触ってみると、これがすごい!!

動物図鑑は鳴き声までするし、文庫本は実物以上の大きさで読める、絵本は動き出してゲームや語学学習までできるし、ルーブル美術館の絵もかなりの大きさで観られちゃう。iPhoneのアプリがただ大きくなっただけのものでも、動画や画像が細部に渡って細かく観られるのはやっぱり楽しい!

学校の教材として、美術館の案内として、営業ツールとして、楽器として、これから色々なものに使われるのだろうなぁ~と、想像が膨らんでしまいます。売れるだろうなぁ。私もちょっぴりほしくなってしまいました。むむ~。

で、下の写真は・・・。実は、先月無くした私のiPhoneが出てきたのです!右側が出てきた方、左側が新iPhone。SoftBankから手紙が届き、昨日、警視庁の遺失物センターへ。私のiPhoneちゃん、一体どんな目に遭ってしまったのかしら・・・と思いきや、全くの無傷!!拾って届けてくださった方、ありがとうございました~。

もう少し我慢していれば、新iPhoneの6万円強は出さなくても良かったのね・・・と思いつつも、出てくるかどうかわからない状態で3週間携帯無しで過ごすのは、やっぱり仕事的に無理だったかなぁと思ってみたり、でも6万円の出費が無ければ、GWにぶらり旅もできたなぁなんて思ってみたり。と言いつつ、今度はiPadに興味津々だったり。Appleめ~!この、商売上手!!

ちょっと箱根へ


金、土で箱根へ行ってきたのです。年に2度くらい祖父たちと行くのですが、やっぱりいつ来てもいいですね~。3回は温泉に入って、飲んで食べてしゃべって。

90歳を過ぎても、最新電化製品が大好きな祖父は、ニンテンドーDS、一眼レフデジカメ、小型デジカメを使いこなし、iPhoneにも興味津々。そして、私が先日買ったリコーのデジカメCX3にも興味津々。帰る頃には「買う事にしたから、型番をメモする!」とやる気満々です。イカす!

そんな祖父から聞く戦争の話は、いつも驚く事ばかりで、まるでおとぎ話を聞いているよう。でも、「色々あったんだよなぁ。本当に色々さぁ。」と、笑顔で言う祖父の顔を見ていると、何だかとっても重みを感じてしまいます。でも、今ではすっかり電化製品大好きさん。。。

初日はホテルの中でほとんどをすごしましたが、2日目は箱根湯本の駅付近を散歩したり、彫刻の森美術館に行ったり。湯本駅付近も川沿いを散歩するとなかなか楽しい。しかし、昼ごはんで入ったお店が衝撃のマズさでひっくり返りそうになりました。ハンバーグが1200円くらいするのですが、ほぼ間違いなく冷凍食品。ガビーン。

そして、写真2枚目の光景を遠くから目にした時、「犬神家の一族」のあのシーンの再現かと思い、食べたハンバーグが口から飛び出そうになるほど(お下品でスイマセン)、本気で焦りました。足じゃなくてただの木で良かった。

そして!彫刻の森はやっぱり楽しい!ああいう大きいもの達が野外にボンボンと乱立しているというだけで、テンション上がりますよね。素晴らしい光景。日本のあちこちにああいう場所を作ればいいのに!ステキBloggerのTomotubbyさんに教えてもらった「Tarot Garden」に行ってみたいなぁ。

そんなわけで、ハンバーグ以外(←根に持ってます・・・)は、とてもステキだった箱根旅。また行きたいなぁ。で、ハンバーグの恨みで(←ほんとに根に持ってます・・・)、帰ってきて早々にステーキを食べてしまいました・・・。チーン・・・。

ゴールデン


ゴールデンウィーク。今年はちょっぴり行楽地へも行ってみたり。そして、ひとしきり食べまくってみたり。シーフード、そば、焼肉、寿司、うどん、イタリアン、エスニック、もんじゃ、などなど・・・。胃腸の国際化、胃腸の拡大、そして胃腸の大混乱。そのおかげで、かつてないほどの腹痛に襲われてみたり。色々ありましたよ、ゴールデンウィーク。

みどりの日に上野に寿司を食べに行ったところ、ビックリドッキリ、上野動物園が入場無料の日だったので、すいこまれるように入ってみましたが、想像以上の広さにビックリ!こんなに広かったのね~。ひたすらパンダを探し続けていたのですが、今はもういないのですね・・・。レッサーパンダはいましたけどね。アルパカもいましたよ。カピバラもいましたよ。よくテレビに出ている動物がいっぱい。でもやっぱり象を見ると1番童心に返りますねぇ。あぁ、花子~。って、それは井の頭動物園の象でした。この子は何というお名前なのやら。

そして、他の日には代々木公園のJAMAICA FESTIVALにも行ってみたり。エスニックフードってやっぱりおいしいですねぇ。ステージではジャマイカン・ミュージックの演奏が繰り広げられつつも、なぜか私達はステージが全く見えない場所を陣取り、ひたすら食べて飲んでしゃべりまくり。天気が良い日のお外ご飯は気持ち良いですねぇ。

次の日は、そのJAMAICA FESTIVAL会場真横のNHKホールにラフマニノフを聴きに行ってみたり。ジャマイカ~ンな感じの人々をくぐり抜けて、クラシックコンサートへ。昨日はあっちで、今日はこっち。でも、どちらも素晴らしかったです。

そんなわけで、今日も胃腸が疲労困憊。でも食欲は衰え知らず。ちなみに現在もビール片手に書いております。がんばれ、胃腸くん!

このページの上部へ