今後はこちらで、ライブ&展示情報、曲、動画、イラスト、近況などをアップさせていただきます。「いいね!」を押してくださった方限定のコンテンツも、増やしていく予定です。どうぞよろしくお願いします~!


三大ピアノ協奏曲の響宴

120326.jpg

清水和音さま。ラフマニノフのピアノ協奏曲全4曲を1日でまとめて演奏してみたり(←すばらしいコンサートだった!)、2年間かけてベートーヴェンのピアノソナタ全32曲を演奏してみたり、ヤマハの新作ピアノの完成度の高さを伝えるためだけに、5日間連続でヤマハのCFXというグランドピアノを使って毎日違うプログラムで演奏してみたり、毎回無茶苦茶な面白企画で楽しませてくれる和音さま。

若かりし頃は「王子」などと呼ばれ、なかなかのハンサムだったようですが、今ではすっかり「老けた彦摩呂」もしくは「ヤングな大和田伸也」といった風貌の和音さま。

で、今回も珍妙企画。「三大ピアノ協奏曲の響宴」と題し、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番をまとめていっぺんにやっちまおう!というコンサート。

聴く側はとってもワクワク、お得度満載のコンサートですが、普通こんなめちゃくちゃなプログラムは組まないと思うのですが・・・。心身の強靭さがハンパじゃないと思われる、あの中村紘子センセイですら、協奏曲2曲を演奏した後は、アンコールを断ってすぐにお帰りになられたというのに・・・。体育会系なのか、はたまたドMなのか、和音さま。

3曲ともすばらしい演奏でしたが、やはりチャイコフスキーとラフマニノフは本当に鳥肌ものでした。この方の演奏は、繊細な部分とダイナミックな部分の振れ幅がとてつもなく大きく、テクニックはもちろんのこと、その豊かすぎる表現力には毎回本当に感激させられます。

楽章間に客席にガンを飛ばしまくったり、緊張感あふれまくる間合いを取ったり、速弾きの際に、ふくよかな頬の肉がプルプルと震えまくっていたり、何から何まで「持っている男」は違うぜ・・・と思わされっぱなしの3時間弱。梅田俊明さんの指揮と東京フィルハーモニー交響楽団の演奏も、エモーショナルでとても良かったです。

で、3曲も協奏曲を引き倒した後で、ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」をアンコールで演奏。これがまた、顔に似合わず、いや失礼、本当に美しく、とてつもなく繊細な演奏で、心が洗われるようでした。メインディッシュを3品完食し、胃もたれ寸前の胃腸にしみわたる1杯のハーブティーという感じでしょうか。って、わかりづらい表現!彦摩呂、ヘルプ~!

終わった後、360度の客席に向かって何度も何度もお辞儀をし、笑顔でステージを後にした和音さま。その姿は、一瞬、かつての「王子」の片鱗を垣間見た!と勘違いしてしまうほどの、かっこ良さでした。まぁ、ほんの一瞬思っただけなんですけどね。

何はともあれ、本当にすばらしい演奏でした。ありがとう、和音さま。また聴きに行くよ!

120313.jpg

3月7日から飾らせていただいていた、銀座ミレージャギャラリーでの「クスクス!展」は、12日に無事終了いたしました。会場に足を運んでいただいたみなさま、ギャラリーの大城さま、一緒に飾らせていただいた個性豊かでステキな作家のみなさま、どうもありがとうございました!

とことんマイペースで取り組んでいるイラスト活動は、きっとお声をかけてくださる方がいなければ、1年に1枚くらいのペースでしか描かないのではないだろうか・・・と思うのですが、こういう機会がいただけて、ギュワーンと凝縮した時間の中で何枚もの絵を描き、それをそのままババーンとみなさまの前に飾って、たくさんの方々に観ていただけるなんて、本当に幸せなことだなぁと思います。

今回は特に、初めて観ていただく方にたくさん感想をいただいたり、思いもかけない方々や、いつも応援してくれる家族や友人がたくさん駆けつけてくれたり、遠くからメッセージや想いが届いたり、嬉しさと楽しさを噛みしめた6日間でした。本当にどうもありがとうございました!

今年は夏以降に、2つ個展をさせていただく予定です。それぞれ全然違ったテーマで描きます。って、本当はまだ何も決めてないのですけど!でも、きっと愉快痛快になるはずです。ムフー。詳細が決まったらまたお知らせをさせていただきます~。

20120305.jpg

3月7日から、銀座のミレージャギャラリーでグループ展が始まります。今回のテーマは「クスクス!」。作家が感じるクスクス的なものや、見た人が知らず知らずのうちにクスっとしてしまうようなユーモラスな作品を集めた展示なのです。

というわけで、新作はちょっと悪ふざけ気味に描いてみました。って、いつも悪ふざけやんけ!・・・と言われればそれまでですが、今回は1.2倍増しです。微妙な増し具合。むむーん。

6日間と短い期間ですが、みなさま、ぜひ「クスっ」としにいらしてくださいませ!。私は、水・土・日は在廊、もしくはギャラリー近くを徘徊しております。お近くにお越しの際は、メールやメッセージでご連絡いただけましたら、ギャラリーまで飛んで行きます~。


----------------------------------------------------------------------------------------
■■■ グループ展 「クスクス!展」 ■■■

期間:2012年3月7日(水)~3月12日(月)
場所:ミレージャギャラリー
WEB/http://www.mireyagallery.com/
住所/東京都中央区銀座2-10-5 オオイビル4F
電話/03-6303-8844
開館時間/11:00~19:00(初日は12:00から/最終日は17:00まで)
入場無料
パーティー:3月10日(土)17時~19時(ご自由にご参加ください)
----------------------------------------------------------------------------------------

アリゾナレポート 2012

120218_1.jpg

1月27日~2月3日まで、買い付けの仕事でアリゾナのツーソンへ行って来たのでした。

思えば、ピンチヒッターとして突然出張に同行させていたくことになったのがちょうど1年前。出発10日くらい前にお声をかけていただいて、ほぼ二つ返事で「はい!行きます!」と言った私。暇人か!でもそれが、その後の生活を一新させるきっかけとなったのでした。そして、あれから1年。フランス、ドイツの買い付けを経て、今回は私にとって2回目のツーソン買い付けです。

今回は今までの出張よりも日数も長く、朝から晩まで毎日ほぼ休みなくツーソン中に点在するミネラルショウの会場を歩きまわり、探し回り、交渉しまくりのかなりハードな旅。でも、他のショウでは見つける事のできないような、希少な石や新種の石に出会えたり、世界各国から来る業者さんやバイヤーさんと話せたり、今回もとっても貴重な体験ができて、何とも刺激的で愉快な出張でした。

120218_2.jpg

しかーし、食べ物が十中八九、罰ゲーム並みのまずさなのは本当にどうにかしていただきたい!慎重なチョイスを怠り、ノリでお店のおすすめっぽいものをオーダーしてしまうと、生き地獄をさまよう事に!一体何日取り替えてないんですか・・・?という臭気の漂う油ギトギトの肉の塊やら、マーガリンを大量にまぶしたコールスロー、茶色く変色したアボカドを大量に挟んだハンバーガーなどなど、「アメリカだからワイルドなんだね!」では納得できない、つっこみどころ満載のフードの数々。さすが、フライドポテトもオニオンフライもサラダだと言い張る国、アメリカ。

出張後半は、背中やデコルテに今まで見た事もないような湿疹が現れ、お風呂に入るたびに鏡の前で「ひいぃぃぃぃ!!」と雄たけびを上げつつ、夕食だけはタイ料理、日本料理、ベトナム料理を無理矢理ローテーションし、何とか高血圧、高血糖、高脂血症などから逃れることに成功したのでした。トホホ・・・。

無事に帰国し、体重計に乗ってみると・・・へ、減ってる・・・。今まで色々な所を旅してきましたが、旅行の後で体重が減っていたのは初めてです。確かに、一口食べてあまりのまずさに戦慄し、その後食欲が皆無に・・・という事がちょいちょいあった・・・。一体どれだけまずい料理を取りそろえているんじゃ、ツーソン!

そんなわけで、食事面ではかなり苦行を強いられた旅でしたが、本業の方はハードながらもすばらしい経験ができたのでした。そして、次回はフリーズドライのご飯やみそ汁を絶対に持参してやる!と堅く心に誓う私でした。

このページの上部へ